FC2ブログ
<<07  2020,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
換気設備のメンテナンス
換気フィルター交換
久しぶりにブログを書かせていただきます。

昨年次男を出産し、1年経て復帰いたしました。
またよろしくお願いいたします。


この写真は、昨年末の大掃除に
家の換気フィルターを交換したときのものです。
(メーカー推奨1年で交換のところ、2年ぶりの交換でした)

左上はフィルターの市内側、
右上は室外側、
下は新品のフィルターです。

外の空気(主に車の排気ガス)の汚れで、室外側は真っ黒。
室内側もうっすら黒いのは、部屋の中まで多少は汚れが到達している証拠です。

こんな空気を普段は吸っているんですね。

それでも高気密高断熱の家は、
空気の入り口が換気用の吸気口やエアコンからと限られています。
そして吸気口はフィルターでかなりしっかり
汚染空気をブロックしているので
室内の空気はやっぱり一般的な家と比べると断然きれいなんです。

気密の取れていない一般住宅では、
窓の隙間、換気設備の吸気口だけでなく
壁の隙間からもジャンジャン汚染空気が入ってきます。

フィルターできれいになることなくそのままの汚染空気が・・・

家の中では、安心して健康に暮らしたい。
そんな方には、やっぱり高気密高断熱をおすすめしたいです!


タカスギでした
スポンサーサイト



工場見学
先日、大建工業の井波工場の見学に行って来ました。
室内ドアの製造をしているとても大きな工場でした。
山と川に包まれた、広々とした敷地に整然と建っていました。

建材工場の見学は初めてで
もっとAI化が進んでいるのかと思いましたが
要所要所で、人の手が加えられ思ったより
人が多くなんだか安心しました。
そして、広い工場の中が、とてもきれいに掃除されていました。

また、説明を聞きながら工程を見ていると
作業中の方も、さり気なく挨拶をしながら仕事を進めていました。
感じがとてもよかったです。

後でイヤリングを無くしたことに気づき
こんなに広いところではたぶん出てこないだろうと思い
私の不注意なので、見つからなくても大丈夫です。
と伝えたのですが、探して頂いたようです。

なんと後日工場で見つかったそうです。
すごくないですか?
小さなイヤリングもきちんと見えるくらい
きれいに掃除され整えられているという事ですね。

おもいやりドアやおもいやりキッズドアに感動して
開けたり閉めたりして感動してましたが
最後に届けられたイヤリングを見て
さらにすっごーいと感動しました。

工場の皆様ご迷惑をおかけしました。
ありがとうございました。




年末に向けて大掃除の時期ですね
キッチン大掃除
あっという間に今年最後の月
もう3週目に突入しました

そろそろ気になるのがお家の大掃除ですね

わが家ではとりあえず
浴室の天井・壁・床の塩素拭きだけ終わりました

普段は、スポンジで軽くこするくらいなので
塩素で見えないカビも撃退できたかな?とちょっとスッキリです


後、大掃除で頑張る部分と言えば
窓ふき・サッシレールの掃除と外部の排水枡の掃除です

新居になって早2年半
古い貸家の頃に比べると
格段に楽になったのは『キッチン廻り』の掃除です

 ・そもそもIHだから、あまり油汚れが飛んでない
 ・拭き掃除がしやすいから、天板や壁パネルを
   普段からアルコール拭きでそこそこキレイをキープ
 ・換気扇もほとんど汚れていない
    (揚げ物は週2回くらいはするけど)
 ・掃除ヶ所が少ない構造になっている

は、換気扇に不織布フィルターとか挟み込んで
たまに取り替えたり、ベタベタ汚れのカバーや換気扇を洗剤に浸けたり
してたなぁ~

今は、整流板をアルコール拭きして、
換気扇のオイルパンをチェックするくらいです

今使ってるキッチンで不満と言えば
魚焼きグリルの内部が掃除しにくいことくらいでしょうか
(あっ、今年はココを入念にせねば・・・)

最近のキッチンなら、このグリルの庫内が
汚れない製品も出てきてます

商品は日々進化しているので
10年以上経ったキッチンをお使いで不満をお持ちなら
取替えて、快適キッチンライフを手に入れても
いいんじゃないかと思う今日この頃

食事を作る、食器を片づける行為は毎日のことだから
見た目にきれいで、衛生的で、明るいキッチンだと
毎日少し幸せになれそうです


今年は100均のセスキ炭酸ソーダで
掃除をがんばろうと思うタカスギでした
高気密高断熱住宅のメンテナンス ~換気扇編~
換気扇のお手入れ
弊社で現在標準的に採用している
『第3種24時間換気』本体の内部

高気密高断熱住宅は住んで快適
省エネで光熱費を抑えることもできてHappyな家

快適な空間を何十年と維持するために大切なのは
家中の空気を機械換気で一か所に集め、排出するこの換気本体
この子のお手入れはしてあげてくださいね

お手入れしないと、
換気扇に小さなホコリがたまり、
回転が重たくなることでモーターに負荷がかかり、
機械寿命を縮めます

~お手入れレシピ~
◆頻度:年1回程度   ←(参考)全熱交換型の第1種換気は月1回程度!めげそう・・・
◆方法:本体フタに記載の通り、黒い換気扇部分を外し、水洗い+中性洗剤

換気扇に付着する汚れの大半は、
外気に含まれる車の排気ガス成分や細かすぎるホコリ
触ってみると油分を含むベタっとした汚れです
なので水洗いだけでは、ちょっと落としきれません

昨日わが家も換気扇メンテナンスをしましたが
めんどくさくない、いい方法を発見!!

スプレーボトルに重曹水を作って(全部100均で準備)、
換気扇の隙間に2周くらいシュッシュして
仕上に水で流すだけ
バケツをお持ちの方は、
作った重曹水につけておくだけでも良いと思います

気持ちいいくらい、スッル~ンと落ちました(笑)
ほんと気持ちいい(^^♪

油系の汚れなので、アルカリ性の重曹水で
汚れを浮かして流すだけです(^∇^)ノ

換気扇の隙間はこすり洗いしづらいので
スポンジや歯ブラシでこするより、重曹水ですよ、お客さん~!!

換気がらみでメンテするところがもう一か所あるので
そちらもメンテが終わったら、ご報告しますね

梅雨じきだけど、水廻りが特別ジメジメしないのは
第3種24時間換気のおかげ様です
タカスギでした
プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク