FC2ブログ
<<03  2020,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
そろそろ梅雨入り?
アジサイ

これから一週間ほど雨マークが多くなります。
そろそろ梅雨入りまじかですね。
恵みの雨は良いのですが
最近は降りだすと止まらない大雨、豪雨が多いです。
 
建物の雨漏りや水漏れとならないためにも
晴れ間を利用して点検をしてみましょう。
外壁のひび割れ、屋根瓦等のずれや割れが無いか?
ひび割れがあった場合は早めの修理が必要です。
カビが発生して構造体を腐らせてしまい
建物の強度が低下していきます。

また、ベランダの排水口のごみはキレイに取り除いて
洗い流してください。
ただ、ベランダ全体を、ブラシ等でゴシゴシ擦るのはNG。
防水性がなくなり、雨漏りの原因となりますのでご注意ください。

新築して10年以内の場合は、構造耐力上主要な部分
雨水の侵入を防止する部分で
瑕疵担保責任保険が適用されます。

ぜひ一度点検してくださいね。
判らない事がありましたらお問合せください。

続きを読む

スポンサーサイト



家を建てると、いろんな保証がついて来る
住宅保証
今日はお引渡のお宅の保証書等をまとめる作業をしていました

住宅設備の取説や保証書は先日まとめましたが、
設備以外にも住宅を建てると
いろいろな保証や保険がついてきます

■地盤保証(10年間):地盤改良した土地で不動沈下等を保証
■瑕疵保険(10年間):雨漏り等の事故があったら補修対応
■ベランダ防水保証(10年間):ベランダの防水機能が劣化したら補修対応
■しろあり保証(5年おきに検査の上、更新)


地盤沈下、雨漏り、しろあり
どれも起きたらお家にとって嫌なことですよね

ローン返済も終わらないうちに、
上記の事故で補修費用が発生したら困ります

そんな不安や心配からお施主様を守るのが、保証や保険なんです

弊社では、これらに加えお引渡し時には以下の保証もお付けします
『無結露50年保証』

これは、壁の中の材料が、万が一結露を起こした場合に
保証するものです

50年も保証

30代くらいで建てたら、とりあえず死ぬまで安心です
そのくらい壁の中で結露を起こさない自信があるんです

この保証を出す際に全棟必ず行うことがあります
それが、
■気密測定
■室内環境・VOCの測定
 (ホルムアルデヒド、トルエン、エチルベンゼン、キシレン、スチレン)
■住宅の断熱性能(Ua値、Q値)の計算


家の中で快適に暮らすために
 ・計画換気できるだけの気密性能があるか
 ・人体に有害な物質が出ていないか
 ・断熱性能は十分か
をきちんと確かめて、数値化してお引渡します

長く、快適に、安心してお住まいいただけるように
わたしたちの取り組みを知っていただけたら嬉しく思います

タカスギでした
プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク