FC2ブログ
<<03  2020,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
2017年度再エネ賦課金 単価決定
今年度の再エネ賦課金の単価が経済産業省より発表されました

2017年5月以降の再エネ賦課金:2.64円/kWh

再エネ賦課金とは:電力会社が太陽光発電等の再生可能エネルギーの買取費用を
         電力契約している全世帯で負担するために
         毎年設定される単価

つまり、この再エネ賦課金は

太陽光発電等の発電設備を設置していようとしまいと全世帯が負担しています

屋根置き型太陽光発電

電気量検診票をチェックしてみてください
明細の部分に「再エネ賦課金」という項目があります

単価が年々上がっているので
意外に馬鹿にならない金額になってきています

(単価2.64円/kWhの場合)
例えば、ひと月の消費電力が900kWのお宅では、賦課金は2,376円

参考までに再エネ賦課金の単価推移
再エネ賦課金単価 推移_2012-2017
この再エネ賦課金単価は2030年ごろに3円台をピークに
まだまだ上がり続けると予測されています

光熱費を抑えるためには

如何に電気使用量を抑えられるか
これからますます大切になってきます


オール電化が一般的な北陸では
最近ではエアコン暖房も多くなってきて
電気使用量を抑えるには

家がいかに保温してくれるかが重要になってきます

家が保温してくれれば、冷暖房のエネルギーロスが少なくなり
消費する電気使用量が減らせます

これから家を建てられる方は
そんな家づくりをしておけば
様々なエネルギー問題が起きた時にも
時代の流れに振り回されることなく
老後まで安心して生活していただけるんじゃないかと思います

太陽光発電設置は良い投資だったと思う
タカスギでした
スポンサーサイト



プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク