FC2ブログ
<<09  2015,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
地鎮祭ありがとうございました
地鎮祭_藤江南
昨日は市内で地鎮祭を執り行いました
前日の雨の影響もなく、さわやかな秋空
お天気にめぐまれました

これからの新築工事に向けて
またここで、これからお住まいされるお施主様の将来を願い
土地の神様にご挨拶

御施主様の3歳の娘さんも
上手に神様に玉串を奉納できました

一緒にいい家を建てていきましょう
よろしくお願いいたします!

タカスギでした
スポンサーサイト



こんなご要望にお応えすることも
年が明けてから着工予定の
新築のお客様からのご要望で
未使用の設備のリユースに対応することに

キッチンリユース1
何年も前に新築されて以来、
一度も使用されなかった住宅の解体に立ち合いました

TOTOキッチンのクリスタルカウンター
使われていないのできれいなまま
新品で購入するとかなりお高いオプションです
キッチンリユース2
この透明感のあるカウンター
社長もわたしも
「これ欲しかったんだよね~」とめずらしく意見が一致

洗面化粧台リユース
洗面化粧台も同じクリスタルカウンター
商業施設で見かけることもあります

設備は住宅購入の金額の中でも
けっこうなウェイトを占める部分
ここで削れる分、他でグレードアップを
考えるのが楽しみですね

Y様、また打合せしていきましょう~

タカスギでした
2020年基準の、さらにその先を
省エネポイント終了
昨日、10月21日で住宅省エネポイントの受付が
終了しましたね
3月にスタートして、夏には予算がなくなると噂されてましたが
結構長い期間、補助金があったようです

弊社でも大型リフォームのお客様2名が省エネポイントを
活用させていただきました


こういった補助金が実施しているのも
全ては日本の住宅の性能、断熱レベル
底上げしようというのが狙い
2020年には平成25年に制定された断熱基準が
住宅でも義務化されます(予定)

断熱先進国・ドイツの住宅から比べると
日本の住宅はまだまだ暑くて寒いが当たり前

でも毎日帰って寝る家が
暑くて寒くて、湿気だらけで、病気になりやすいのは、
やっぱりおかしいですよね

毎日のことだから快適に暮らしたい
安心して住まうことのできる家を
世の中に増やしたい

弊社の社長は、そんな熱い思い
高気密・高断熱の家に10年以上前から
取り組んでおります
その性能は、2020年基準低炭素基準など
はるかに上回っています
10年以上前から...(しつこい?)

ただ断熱材を厚くすればいいだけではありません
快適に暮らせるための高気密・高断熱

長く続けてきたからこそ
確かなノウハウ、技術、実績を持っています


高気密・高断熱に迷ったらご相談ください
タカスギでした
住まいのワクワク相談会 ご参加ありがとうございました
週末土日は、住まいのワクワク相談会でした。
ご参加いただきましたお客様には、
本当にありがとうございました。

またリフォーム商談中のお客様も
この機会にお打合せをありがとうございました。
ご希望の計画が予算におさまりますように!

来月もまた相談会の開催を予定しております。
相談会の日はご都合が・・・というお客様も
別途、お気軽にご相談くださいね。


そして今週末は地鎮祭と、イベント続きな堀本工務店。
いよいよゼロエネ住宅プロジェクトも始動です。


そろそろゼロエネの
書類審査がおりてこないか気がかりな
タカスギでした
またまた HAVE FUN!
seria_spice case
最近、『暮らす』ことをあらためて楽しんでいる
タカスギです

スパイスケースを全部、
100均製品で統一して自己満足にひたってます(笑)
4年前にDIYしたスパイスラックも、いまだに愛用中~

朝晩寒くなってきましたが、
わが家の快適さを再認識できる冬が
楽しみな今日この頃です


そして、
今週末17・18日の土日は
『住まいのワクワク相談会』
です

前日までにご予約をお願いいたします。
TEL:076-252-0288
メール:mail@horimotokoumuten.com
担当携帯:090-3293-3171



今日は新たに新築と貸家のプランニングにワクワクしていますが、
相談会の枠はまだわずかに空いております。

土地有の方も、土地からお探がしの方も
お気軽に相談に来てください。


家づくり、住まい探し、暮らすことにワクワクしましょう
タカスギでした
たくさんのお問い合わせ ありがとうございます!
soudankai 3

昨日、HPをご覧になったというお客様から
問い合わせをいただき、
急きょ夕方から、お打合せをさせていただきました。

短い時間でしたが、
お越しいただき、ありがとうございました!

皆さん、いろんな事情がありながら
家づくりという一大イベントに「エイヤ!」と
一歩を踏み出すんですね。

でも、
安心してください!はいてます!

もとい・・・(失礼しました)
弊社で建てる家なら、確実に貸家住まいより
快適で家計にやさしい生活ができます。

冬場の朝に布団から出るとき、
毎日家に帰るとき、光熱費の伝票見るとき、
太陽光発電モニター見るたびに、
二ヤリとすること保証します♪

『住まいのワクワク相談会』
来週土日、17・18日に開催します。


前日までに、ご予約をお願いいたします。
TEL:076-252-0288
メール:mail@horimotokoumuten.com
担当携帯:090-3293-3171(当日はこちらまで)


実はすでに1件、ご予約もいただいております。
まだ空いている時間帯もございます。
迷われている方、
連絡しようとしたけどちょっと考えている方、
行動してみると次のステップが見えてくることもあります。

消費税アップ、北電・電気メニュー新規加入停止、
先を見据えている方は、すでに行動しています。
ライフプラン、ローン相談も対応していますので、
建て時かどうか、悩んでいる方もお気軽にご相談ください。

『FPの家』のことが知りたいお客様には
『FP工場見学会』を実施いたします
10月18日(日) @岐阜工場
こちらは準備の都合上、
11日(日)が予約締切りとなります
断熱、気密、換気が三位一体とならなければ
快適な高気密・高断熱住宅とはなりません。
そのワケは・・・、工場で!! 見れば一目瞭然です

~お詫び~
最近、現場や打合せが重なって、全員外出していることも多いです。
お電話いただいたのに、つながらなかったというお客様には
大変申し訳ありません。
非通知でなければ、折り返しお電話させていただきます。
何卒、ご了承をお願いいたします。

研修の旅@群馬県
黒門
研修旅行で様々な会社の皆様と
群馬県へ行ってきました

まずは県立富岡高等学校から
こちらは東大”赤門”に対して、通称『黒門』と呼ばれる門です

黒門庭園
中に入ると落ち着いた庭園があります
この池の右側には高等学校の校舎があります
校内にこんな趣のある場所があるのは
うらやましいですね

富岡製糸場1
黒門見学の後は、
いよいよ世界遺産・富岡製糸場の見学です

めずらしい木骨煉瓦造の建物
明治時代、日本の産業立上げに大きく貢献をした工場
富岡製糸場2
フランスから技術者を呼んで
器械やノウハウ、建物の工法も取り入れています
写真では分かりづらいですが
煉瓦は「フランス積」と言われる組み方で施工されています
煉瓦の間のつなぎには、当時国内で入手できた漆喰を使用しているそうです

富岡製糸場3
洋小屋組が見える工場建屋内の様子
梁の変形が抑えられ、工場のように
内部に柱の少ない空間に向いた工法です
ついつい、建築的な部分ばかり見てしまうのは
職業病ですね

そして歴史ある建物を見ると
勉強になるとともに、なんとも感慨深い思いがします

お蚕様チョコ
最後はこのあたりのお土産
その名も、「御蚕様チョコ」 (おこさまと読む)
産業の要となる蚕を”おこさま”と呼んで
大切にしてきた文化があるようです

こっち見てるな~
食べるのに、一瞬、躊躇してしまいます

またこの様な機会があれば、
ブログでご報告させていただきます

by社長
ゼロ・エネルギー住宅 プロジェクトスタート
ハウスマーク
これなんだかご存知ですか?

まだまだ一般のお客様にはなじみの少ない
「一次エネルギー消費量」の計算結果です

ざっくり言うと、
各ハウスメーカーで建てる家の燃費性能を
同じ基準で数値化・比較できるようにするため
作られた計算手法

2020年には、この燃費計算が義務化され
数値化していない家は、建てられない仕組みになる予定です
(1年以上前のブログでも紹介しました)

12月に建て方予定の
ゼロ・エネルギー住宅プロジェクト
先月に無事契約も終え、
今日、補助金申請書も仕上がりました

申請書、計算書、図面、添付資料あわせて
70枚にもおよぶ資料

補助金額は、最大185万円
家が低燃費(基準の4割以上消費エネルギーをカット!)であるだけでなく
今回のプロジェクトは耐震等級2もクリアします

この家に住まわれるお客様の将来は
安泰ですね(笑)

春には完成内見会も予定しています
構造を見てみたいお客様は、
メールかお電話にてお問い合わせください

メール:mail@horimotokoumuten.com
TEL:076-252-0288


お問い合わせフォームは→こちら

かたい話になりましたが、
その分、家の性能には自信があります
空間を広く感じさせる工夫
ストリップ階段
先日入った調剤薬局(おっしゃれ~)で撮影
ここへ来るといつも空間づかいがうまいなぁと感じます

壁際の一人掛けソファから見えるのは
リビングテーブル、一人通れるくらいの通路
その先にストリップ階段 ・・・以上

そんなに広くない空間ですが
圧迫感がないのは
通路・階段の上に設けられた吹抜けが効いているから

吹抜けの上部の壁に設けられた窓から光が差し込み
ストリップ階段を抜けて床まで光が降りてきています

この空間で階段下は普通に壁だったら
せま苦しかっただろうなと想像

もしも住宅の中に
こんなアイアンの階段があったら
ちょっとカッコいい?と妄想

普段と違うところへ出かけると
なぜ、「ここ良い~」と感じるか
考えるのが楽しいです

近所で素敵なカフェを見つけた
タカスギでした
プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク