FC2ブログ
<<02  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
共有部分の整理収納
(今日はたわ言)

春ですね
昨日なんて最高16℃になったようで本当に暖かかったです

新しい季節になると着るものが、変わったり持ち物が変わったり
整理収納を見直したくなります

ところで普段皆さんは家族共有部分の掃除や整理って
どうされていますか

わが家は主人、息子ともに基本履いた靴は出しっぱなし
泥が上がっても掃除する人はいません(泣)

先日、
「履かない靴は仕舞っていただいていいんですけど」
と言ったところ
「どうせすぐまた履くから」との答え

すぐって週末の5日後とかじゃん( ̄^ ̄)ゞ

平日履かない靴は、都度しまってくれたら
人生の5/7は片付いてると思うんですけど!

『その日履く家族の靴+1』しか
たたきに出てない玄関が理想なんですけど!

主人には「価値観の違い」と一蹴されました

最近よくある家族用とお客様用と別れた2WAY玄関
わが家もこういうのなら良かったのか?

でも玄関は広くしたい、2WAYだと面積をかなり占めるため
普通の玄関にしたので・・・悩ましい

共有部分の掃除・整理は
まだまだ家族との攻防が続きそうです

タカスギでした
スポンサーサイト



ほりもと農園2017 種イモ植えをしました
ほりもと農園2017種イモ植え01
昨日3月26日(日)は
今年第2回目となる『ほりもと農園』の種イモ植をしました

心配だったお天気にも午前中は恵まれ
さわやかな風の中、朝9時半からスタートしました
青空が良い気持ちでした

写真手前の方では、女性陣が種イモを切る作業をしてくれています

ほりもと農園2017種イモ植え02
S様ご夫婦はお孫さんのSくんと油かすやりを担当
4歳にもなると上手に手際よくしてくれます

ほりもと農園2017種イモ植え03
もう一組のS様のご主人も足腰痛いけど肥料やりを担当してくださいました
奥様は畑の横で種イモを切る作業を皆が集合するより早めにスタート
おかげでイモを植える作業に入るのがスムーズでした

ほりもと農園2017種イモ植え05
K様ご主人は切った種イモを等間隔に並べてくださいました
昨年も参加してくださったので、ものすごく手際が良いぃ!!
奥様はもうすぐ4か月のお子様を横に寝かせ、
種イモを切る作業を担当してくださいました

ほりもと農園2017種イモ植え04
わが家の息子も今年はすぐに休憩することなく
最後までがんばって肥料やりをしてくれました

ほりもと農園2017種イモ植え06
社長と野菜づくり名人は、
イモ・油かす・肥料の終わった畝に土をかぶせていきます
作業する姿が様になります(^-^)

作業自体は30分程度で終了!!

手伝ってくださった皆様の手際と連携の良さ、
野菜づくり名人のマスターとママが事前に畑を耕したり、
植えるための溝を作ってくださったり、種イモ・肥料・道具もろもろを
準備してくださったおかげで、種イモ植は大成功でした(o´∀`o)


ほりもと農園2017種イモ植え07
最後は皆で記念撮影
大人13名、お子様3名の参加で
楽しいひと時を過ごせました

本当にありがとうございます!!

7月中旬頃の収穫に向けて
獣害対策と追肥など畑の管理を名人と共にして参ります

今年もたくさん収穫できますように♪
収穫祭には、皆様またふるってご参加くださいませ

タカスギでした
「かわいい」が好きな女子、集合!
かわいい建具
この写真はLIXILさんのインテリアドア
「ファミリーライン」というシリーズの建具です

数年前までこういう雰囲気の建具と言えば
ウッドワンの無垢シリーズ建具に塗装とか
プレイリーの無垢建具に塗装が主流でしたが

無垢ドア+塗装という工程が増えるため
若干お値段が心配なところでした


規格品でこういうデザイン、カラーの建具が出たのは
それだけ浸透してきたってことですね

確かにかわいい(^-^)
インスタとか見てても、こういうの増えましたものね

自宅にチェッカーガラスのドアとかあったら
開けるたびに二コっとなりそう


自分が新築当時は規格製品の建具と言えば
木目でナチュラル・ダーク・ミディアム・ホワイトカラーしかなかったので
選択肢が増えている今から家づくりをされる方が
うらやましいな~と思います

提案の幅も増えるので
お客様と打合せでさらにワクワクできるのが楽しみです

一緒にキャキャッとなれる家づくりしませんか~(^0^)/

タカスギでした
シンプルにつくる家
レクリント風照明

姉の家で使えるけど使わなくなった照明があって
先日、その照明がわが家にくることになりました

レクリント風の照明
本物じゃなくて似せて作られた照明っぽいですが
『ザ・北欧風』の主張がすごいです

ちょっと憧れてたので、もらえて嬉しかったけど


「暗いよ」と聞いていましたが
試しにダイニング上のシーリングと取り替えてみることに

いざ、点灯~!!確かに暗い~(^0^;)

今度、中の電球で対処できないか
検討してみることにして
ダイニングは元のシーリングに戻しました

明るさ以外は、デザインも気に入ってるし
今のダイニングにも合うしいいなぁ~と思ったんですけどね

家を新築当初、あんまりコテコテ、キメ決めにデザインしてない
シンプルインテリアだったので
主張のすごい照明を入れても良いアクセントになりました

そして建ててからまだ3年経ってないですが
仕事柄いろんなインテリアの流行りを知るせいで
すでにインテリアの好みは変わってきています


ベース(床・壁・建具)をシンプルに作っておくと
あとからカーテン・ラグ・家具・照明器具などで
いくらでも好きなコーディネートに変えられます

普段は性能重視な家づくりをしていますが
家の中で、お気に入りがあると毎日が楽しくなりますよね

インテリアや家の中の雰囲気ってやっぱり大事なんだな~と
あらためて感じました


タカスギでした
家の防犯を考える
今週はポスティングウィークでした
弊社で発行している「ほりもと通信」を配布させていただきました

昨日は市内でも少し、空き巣や放火の多い地域を配っていました
防犯カメラ

玄関先に「防犯カメラ設置」などの張り紙がしてあったり
地域ぐるみで夜間に玄関灯を点けたりと工夫されているそうです

でも中には、少し脇のあまいお宅も見えられました

なので今日は防犯上、
普段から気をつけたら良さそうなことをご紹介します

■玄関先に物を置いている
 タイヤ、自転車、灯油タンク、除雪道具などなど

もう長らく使ってないことがわかるようなボロボロの袋に入ったタイヤ
パンクしたり、タイヤが溶けたり、サビだらけの自転車などは
放火のターゲットになりやすそうです


■植樹や雑草が伸び放題でうっそうとしている
 障子のボロボロが目立つ


手入れが行き届いていないことが明白な家は
空き巣に狙われやすいかも

うっそうと茂る草木が目隠しになって、
侵入しやすそうな雰囲気もこわいです


■ポストの投入口が古くきちんと閉まっていない

引き戸玄関や外壁に設置されているポストの口が
錆びたりして閉まらなくなっていると
意外と玄関内部が見えてしまいます

中にはふたが無くて完全に中が丸見えのお宅も!!
(隙間風もすごいんだろうな~と思います)


普段から留守にすることが多いお宅は
警戒していることが分かるように
家のお手入れに気をつかってみてくださいね

門扉や障子など外部から見える部分が壊れていたら
早めに修理することをお勧めします

家自体が古くても
家主がきちんと手入れしているかどうかは
見るとわかるものです

鉢や花壇にいつもきれいな花が咲いている
枯れ草がない
アプローチタイル等に苔が生えてない等々

家の周りを整えると、自分が心地よく過ごせ
街の景観、防犯が良くなります


タカスギでした
そろそろ気になるアノ季節 ~高気密・高断熱住宅なら対策できます~
花粉症の季節
少しずつ暖かい季節になってきたな~と
春を感じる今日この頃

少し前に春一番や春二番も吹き荒れて
南からの風が大陸から流れてきましたね

ちょうどその時期、ちょっと辛かったのが鼻炎
ずっと花粉症じゃないと否定してきたけど
去年くらいからどうやらそれらしき症状が出始めました


ところで家の中には、窓を閉め切っていても
外気がけっこう入ってきていることをご存知ですか

実感する機会は少ないですが
窓や壁の隙間、換気扇、エアコンダクトなど
外気と通じている部分が家には結構あるんです

だからこれから家を建てられる方は
住宅の気密性能にもぜひ注目してください

今、国ですすめられている省エネ基準には
気密性能に関する評価はありません

過去には品確法で評価されていたのですが
ついてこられるビルダーが少なすぎて項目を削除されました

でも気密性能は住み心地にかなり影響を与えます

「FPの家」では、全棟で気密測定を行い
気密性能も数値化してお家をお引渡します

気密をきちんととる意味は計画換気をして
室内環境を快適にするため

「FPの家」で外気が入ってくる部分は
主に壁に設置した給気口と引違窓のめし合わせ部分

気密性能が良いので、空気の入り口(給気)出口(排気)
しっかりとコントロールします

だから花粉対策もしやすいんです

給気口には専用フィルターが入っているんですが
年1回くらいフィルターの掃除・交換をします

このフィルターが花粉対応はもちろん
PM2.5にも対応できるんです

年1回のフィルター掃除をすると
室外側は、車の排気ガスで脂っぽい黒い汚れが付いてますが
室内側は元のフィルターの白い色

毎年その掃除をするときに
「これが全部、室内に入っていると思うと・・・」
ゾッとします!

花粉も然り、PM2.5も然り

せめて家の中でだけは
花粉に悩まされず、安らぎの時間を過ごしたいものですね

タカスギでした
プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク