FC2ブログ
<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
もうすぐ新築着工です
街中
ようやく新緑と青空の気持ちいい季節になりましたね

この良い時期に
もうすぐ新築1軒を着工予定です

お客様との出会いはもう2年前
HPで高気密・高断熱の『FPの家』を見て
弊社にお越しくださったのがきっかけです

この2年の間、
いろんなハウスメーカー、建築会社を見てこられたようです

でもお客様の心の中にはずっと
「住み心地の良い家、高気密・高断熱の家に住みたい」という思いがあって、
ずっと土地探しから一生懸命されていましたが
今年に入って希望に叶う土地が見つかり
トントンと新築に向けてのお話が進みました

街中のとっても利便性のいい場所
片町で呑んでも歩いて帰れる距離なのも
うらやましい限りです


不思議なものでタイミングが合うと
土地探し、建築計画、資金(借入)計画が
スムーズに進むんです

これはお客様が一生懸命、家づくりに向けて
覚悟も決めて、動いたからかと思います

人生で1度あるか無いかの大きな買い物ですものね
決断するのにとても勇気がいることだと思います

私たちの仕事は
お客様がこれから永く住まわれる家をしっかりと造ること

快適さ、住み心地はもちろん
光熱費が抑えられて老後・孫子の代まで
安心して住んでいただけるように一生懸命させていただきます

タカスギでした
スポンサーサイト



お風呂の進化
住宅設備は日々進化しますね
この数年でユニットバスもいろいろ進化しています

ここ最近の進化が面白いのでご紹介

■シャワー機能が多様化
オーバーヘッドシャワー
これはH社のユニットバスオプション

通常のシャワーに加え、幅広シャワーで
全身暖めながらシャワーを浴びることが可能です
「頭から浴びたい!」ニーズに応えてくれます


エコフルシャワー
これはL社のシャワーヘッドオプション
ミスト、シャワー、強めシャワーの切り替えができます
しかも節水・節湯対応で光熱費にもありがたい商品です
エコフルシャワー2
こんな風に高さとシャワーの組合せで
お好みの浴び心地を楽しめます

■風呂場のカウンターを取り外せる

L社は今年に入って
浴室内の洗面カウンターを取り外せるものも出しました

固定されているカウンター裏とかサイドって、けっこう掃除がしにくく
カビの温床になっていますものね

掃除がしやすいようにカウンターの両側が
浴槽・壁と離れていて掃除しやすい商品は出ていましたが
L社はとうとうカウンターを外してしまいました

でもこういう要望はあると思います

わたしも簡単に外せるならカウンター裏とか洗いたい
(現状は見て見ぬふり)

各メーカーが商品差別化をはかって、特徴が各社で違ってくると
選ぶお客様側は値段だけではなく
付加価値、欲しい機能で商品が選べていいですね

ちなみに
ユニットバス3大メーカー利用者の満足度アンケートによると

●掃除のしやすさ:1位リクシル、2位パナソニック、3位TOTO

●デザイン:1位リクシル、2位パナソニック、3位TOTO

●総合:1位パナソニック、2位リクシル、3位TOTO

という結果をある建築系ネットニュースで拝見したことがあります
こういう結果も毎年順位は入れ替わるものなので
しっかりショールームで違いを見て、納得して選びたいですね


それにしてもシャワーのこんなニーズがあったのは
意外な気がしました

タカスギでした
バリアフリーリフォーム完了
少し報告が遅れましたが
3月中旬に市の介護保険給付の対象となる
バリアフリー改修工事が完了しました
バリアフリーリフォーム
先日、リフォーム施工例にも写真をアップしたので
良かったらご覧ください(^o^)/
★★★←クリックするとリフォーム施工例のページに飛びます

写真に写っている壁に設置された木製イスは
座面が開閉式になっていて
普段使わない時はたたんでおけるので玄関がスッキリします

でも残念ながら、このイスは介護保険支給対象ではありません( ̄^ ̄)ゞ

上の写真で支給対象となるのは、
縦横の手すりと段差解消の踏み台になります

知らない方も多いかと思いますが
金沢市は段差解消の踏み台は、支給対象となるためには
踏み台そのものが滑って動かないように
床面に固定されていることが条件になります
(アンカーボルト等で)

その他にも、以前別の住宅改修工事で
手すり設置や段差解消工事でも
支給対象とならないケースがあったのでご紹介

■和室への段差解消スロープが対象外
 普段過ごす居間から和室への入る部屋境の段差で
 段差解消スロープの設置を申請したところ「給付対象外」と審査された

 「対象外」となった理由・・・
  和室へのアプローチはお仏壇へのお参りが主な目的となるため
  生活に必須ではないと判断された

お風呂やトイレ、洗面は
在宅で自立した生活をする上で必要となるが、
お参りは必須ではないという見解だそうです
(寝室~居間~水廻り動線上の手すり、段差解消はOKでした)

役所がそう判断するなら仕方がないですね
お仏壇をコンパクトにして寝室に移動してくることも
可能ですものね

介護保険の支給申請には
普段、こうした改修工事や申請をしていないと
知り得ないことが案外あるものです

住宅改修をお考えの方は、是非弊社までご相談ください
役所への申請業務も合わせてご提案できます

タカスギでした
計画換気の診断をいたします(中古住宅もOK)
「3月は住まいのメンテナンス月間」の一環で
先日、『FPの家』の中古住宅を購入されたというお客様からのご依頼で
計画換気見直し提案と工事を実施しました

実はこの現場、他社で建てられた『FPの家』で
現場を確認すると、
給気口は不足していたり、排気量も調整がされていなかったりと
計画換気が十分ではなかった住宅だったんです
(お住まいされる住人の人数によっては大丈夫ですが)

計画換気とは、
例えばお風呂やトイレなど
汚染空気(湿気・臭い)を発生する部屋の排気量を大きくし、
LDKや寝室などに汚染物質が流れないようにします

換気計画がきちんとされていないと
換気のし過ぎで冬が寒かったり
トイレの臭いがLDKに流れたりと快適に暮らせません

それどころか湿気が停滞して、結露したり
建物寿命を縮めることにもなり得ます

高気密・高断熱住宅にとって、

計画換気は家の寿命を決める心臓みたいなものなんです


風量測定器

■計画換気の診断の流れ

家全体の体積と、生活される家族構成から
必要な換気量を計算し、
給気量と排気量のバランスを計算上でチェック

実際に24時間換気扇を稼働して風量を測定し
風量バランスが計算と合っているか確認する
  という流れ

風量調整は排気口の開口度(ひらき具合)を調整して行い、
写真内の青いゲージ(スケールみたいなの)を使って開口度を確認したりします

で、写真右側の茶色いJの字の金属部品に
チューブと計測器をつないで実際の風量を計測します


換気計画書
これは社長が現場で風量測定しながら作成する
換気計画提案書(原紙)です

普段の換気設定と、在宅人数が増えた時の換気設定のやり方を
数値とともにご提案させていただきます

今回は、この計画書の内容にもとづき
不足していた給気口を追加で設置し、排気口の開口度の調整を行いました

それと大切なのが、
今後お客様にしていただく換気設備のメンテナンス方法をお伝えしました



断熱を良くしても、気密が取れていないと
隙間風で快適な室温環境はつくれない

気密を良くすると、計画換気をきちんとしなければ空気の停滞が起き、
臭い・湿気・有害物質(CO、CO2、ホルムアルデヒド等)で
室内環境が悪くなる

快適な高気密・高断熱住宅は
『断熱』・『気密』・『計画換気』が三位一体となって
初めて実現します

だから社長はポリシーを持って自分で必要換気量計算もするし、
気密測定も風量測定も自社で責任を持って行います

「『FPの家』なのに、快適じゃない」なんてSNS書き込みが減るように
1軒でも多くの『FPの家』が、本来の快適さを発揮できるように

そんな思いで住まいのメンテナンス月間を年3回実施予定です
季節の節目々々で住まいの快適さを見直す機会に
ご活用いただけたらと考えております

住まいのメンテナンス月間、次回は6月に開催予定です
でもお急ぎの要望があればこの月に限らず
計画換気診断の対応をさせていただきます

タカスギでした
新しいことが始めたくなる季節

春ですね
桜も満開になって、この時期だけ山環じゃなくて
兼六園経由の帰宅ルートにしています

3月に入ってから、「ブルーミーライフ」という
2週間ごとに郵便でお花が届くサービスを利用し始めました

暮らしの中に花があるって何となく良い
でも日々の暮らしの中で花屋に寄る時間的余裕は無い
1回あたり送料込みで700円台と言うリーズナブルさもありがたい(^^)

これを始めたことで変化が起きました

キッチンカウンターに花を飾るのですが
カウンター上に生活感あるものがけっこう置いてあったことを
あらためて反省
(気づいていたけど、今まで見ぬふりしてた)

ハンドクリーム、ボールペン、
商品券(期限切れが無いように目に見えるところに)、
郵便物(支払などのアクション待ちのもの)などなど

これらと一緒にお花を飾っても、なんだか雑然としているので
ここに無くていいものを整理しました

幸いカウンター下に1段、棚を造作してもらっていたので
メモやボールペンはそこへ
商品券は忘れない別の場所へ

整理したことで気分もスッキリです

そして思ったことが
何気なく造った1段の棚があって良かった!
ということ
(欲を言うともう1段あっても良かった)

使い勝手が合ってないと
やっぱり置きやすいカウンター上がゴチャゴチャしてしまうので
『置いてもいい場所』
『でもゴチャゴチャが目立たない』
『で使いやすい』
があると片付く毎日が送れると思うんです

新築時、細かいけどそういう部分を
自分の生活動線、パターンと照らし合わせて考えてみて下さいね

もちろん後から造作棚や収納を増やすこともできますので
今、整理収納に悩んでいる方、棚が欲しい方など
ぜひ私共にご相談ください

嬉しいことに自分が整理すると
子どももおもちゃの要・不要を自分で考えて捨て始めました
片付け終わって「あ~、スキッリした!」と一言(笑)

雑誌置きっぱなしの主人に聞かせたい
タカスギでした
家づくりの打合せ
家づくりの打合せは
基本的にお客様のご都合に合わせ
いつでも対応しています

先週末も先々週末も家の仕様や確認事項などの
打合せを事務所でしておりました

1月~3月と
『なんでも相談会』とあえて銘打ってイベント形式にしていましたが
どちらかと言うと開催日以外でも
必要に応じて都度日程を調整して
『いつでも相談会』を随時開催な感じです(^-^)

家を建てるという夢への実現に向けて

じっくり要望を聞いて
予算もしっかり押さえて
しっかり敷地調査や調整を一歩々々進めて・・・

家づくり相談は思い立ったときに動き始めて
時には立ち止まり、時にはエイヤッと決断し

その決断のお手伝いができたらと思っています
来場者プレゼント_animaltoy
土地探し、住宅ローン、相続税、資金計画、間取り 等々
なんでもお気軽にご相談くださいね


念のため、告知です
明日から2日間、4月4・5日(火・水)だけ
社内研修のため、勝手ながら臨時休業をいただきます

ご相談等されたいお客様は
この2日間はメールにて申し込みを受け付けております

この日以外は、お電話でも大丈夫ですよ(。>ω<。)

新年度、新しい出会いを楽しみにしている
タカスギでした
プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク