FC2ブログ
<<05  2018,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
ジメジメするけど気持ちよく過ごしたい
ハッカ油アロマ
昨年より気になっていた「ハッカ油」

ただいまわが家で大活躍です

余っていた保冷材とハッカ油で芳香剤を作りました

~ハッカ油の効果~
■スーっとする清涼感
■抗菌、殺菌作用
■害虫忌避

この芳香剤が家族に好評で
主人に職場用にも作って言われたので
職場用、車用と増産しました

わたしのおすすめは、
ハッカ油+ラベンダー精油です
ハッカが苦手な方でも少しマイルドな香りになります


また床のベタベタが気になった時には
バケツの水に2、3滴たらしてから床を水拭きすると
さわやかな香りがほのかにして
床も気分もスッキリしましたよ(^0^)/

その他にも
エタノールと精製水で赤ちゃんにも使える虫よけスプレー
お風呂に1滴たらすと暑い時期の風呂上りもさっぱり
などなど使い道はたくさんあります♪万能~!!!

ため込んだ保冷材
ちなみにこれは昨年断捨離した
捨てられずにいた保冷材(ため込んだわ~)

こんなことならもう少し残しておけば良かったと
断捨離し過ぎたことを少し後悔した
タカスギでした

次回、ハッカ油を導入したきっかけをご紹介します
発端はお家の中の困りごとでした
スポンサーサイト



換気設備のメンテナンス
換気フィルター交換
久しぶりにブログを書かせていただきます。

昨年次男を出産し、1年経て復帰いたしました。
またよろしくお願いいたします。


この写真は、昨年末の大掃除に
家の換気フィルターを交換したときのものです。
(メーカー推奨1年で交換のところ、2年ぶりの交換でした)

左上はフィルターの市内側、
右上は室外側、
下は新品のフィルターです。

外の空気(主に車の排気ガス)の汚れで、室外側は真っ黒。
室内側もうっすら黒いのは、部屋の中まで多少は汚れが到達している証拠です。

こんな空気を普段は吸っているんですね。

それでも高気密高断熱の家は、
空気の入り口が換気用の吸気口やエアコンからと限られています。
そして吸気口はフィルターでかなりしっかり
汚染空気をブロックしているので
室内の空気はやっぱり一般的な家と比べると断然きれいなんです。

気密の取れていない一般住宅では、
窓の隙間、換気設備の吸気口だけでなく
壁の隙間からもジャンジャン汚染空気が入ってきます。

フィルターできれいになることなくそのままの汚染空気が・・・

家の中では、安心して健康に暮らしたい。
そんな方には、やっぱり高気密高断熱をおすすめしたいです!


タカスギでした
低温は万病の元
金沢は、梅雨入りしたのに
ここ数日、肌寒い日が続いています。
そんな中、ちょっと興味深い記事を見つけました。

近畿大学建築学科の岩前篤教授が、
環境ビジネス書の中で
「住宅性能と健康」の記事を書かれてました。
 
新築の戸建て住宅に転居した人が対象で
転居前後の諸症状の有無を聴いたものです。
結果は明確で、転居後の断熱性が高いほど
諸症状が出なくなった人が増加していました。

まぁまぁ断熱の家と、断熱性がもっと高い家で
比較した結果、断熱性の高い家では
図1のように差が出ていました。
DSC_0088 小
       
健康状態        20%改善UP
気管支喘息       20%改善UP
のどの痛み       20%改善UP
せき            20%改善UP
アトピー性皮膚炎    30%改善UP
肌のかゆみ       25%改善UP
目のかゆみ       20%改善UP
アレルギー性結膜炎 30%改善UP
アレルギー性鼻炎 20%改善UP  
手足の冷えは 50%以上改善UPしています。


この冷えこそが低温、万病の元なのです。

低温とは心が認識していない状態で
就寝中や夢中でTV・本・何かをしているとき。
これが健康障害になっている可能性があるそうです。

WHOでも「住宅と健康」の調査報告書を出している
その中で健康障害要因として低温と明記されている。

日本では冬季に最も多くの人が亡くなっているが
心臓発作や脳出血ばかりではなく
その他多くの病因も冬季に増加しているそうです。

人生100年時代
健康で元気に暮らしたいです。
末永く家の性能は維持してほしいです。

そうなると、断熱材の性能の違いは大きいですね。

省エネルギーで経年変化がなく
経済的に負担の無い家
そんな家が一番ですね。




そろそろ梅雨入り?
アジサイ

これから一週間ほど雨マークが多くなります。
そろそろ梅雨入りまじかですね。
恵みの雨は良いのですが
最近は降りだすと止まらない大雨、豪雨が多いです。
 
建物の雨漏りや水漏れとならないためにも
晴れ間を利用して点検をしてみましょう。
外壁のひび割れ、屋根瓦等のずれや割れが無いか?
ひび割れがあった場合は早めの修理が必要です。
カビが発生して構造体を腐らせてしまい
建物の強度が低下していきます。

また、ベランダの排水口のごみはキレイに取り除いて
洗い流してください。
ただ、ベランダ全体を、ブラシ等でゴシゴシ擦るのはNG。
防水性がなくなり、雨漏りの原因となりますのでご注意ください。

新築して10年以内の場合は、構造耐力上主要な部分
雨水の侵入を防止する部分で
瑕疵担保責任保険が適用されます。

ぜひ一度点検してくださいね。
判らない事がありましたらお問合せください。

続きを読む

プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク