FC2ブログ
<<06  2018,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
ウレタン断熱材は燃えるの?
先週、東京都多摩市で起きた工事現場火災で
ウレタン断熱材への引火が原因で
痛ましい火災事故が起きました。

工事現場での事故としてはかなり大規模で、
亡くなられた方には、心よりご冥福をお祈りいたします。

さて、この事故を受けて
世間では『ウレタン断熱材=燃える』という
認識ができてしまったことと思うのですが、
全てのウレタン断熱材が燃えて危険な訳ではないことを
お伝えしたいと思います。


↓文字をクリックで下記サイトの詳細がご覧いただけます。
FPの家オフィシャルサイトのQ&A
ご参考にしてください。


弊社でも高気密・高断熱のFPの家で
硬質ウレタン断熱材を取り扱っておりますが
こちらは工場生産の断熱材であり、
生産過程で難燃剤を混ぜているため
自己消火性のある断熱材となっております。

万が一引火しても、表面が炭化するくらいにとどまります。

一方で、火災事故が起きた現場では
おそらく現場発泡のウレタン断熱材
使用していたのではないかと思われます。

現場発泡のウレタン断熱材では
2種類の主成分の溶液に、接着剤の役割を果たす液をさらに加え
この時に発生するガスが引火しやすく危険なのだそうです。
そして出来上がった断熱材も、燃焼性があり危険だと考えられます。
そういえば現場発泡ウレタンの作業者は、マスクしていますものね。

工場生産の硬質ウレタンフォーム
現場発泡ウレタンフォーム
ほぼ同じ原材料でできていますが
生産過程で性能は大きく変わってしまうのです。

読んでくださった方に覚えていて欲しいことは、
弊社で扱うFPウレタンパネルは
・自己消火性があり、万が一の火事の時に燃え広がるのを抑制してくれる製品
・生産時にも施工後も、ガス発生等の人体に有害な影響がない安全な製品
であるという事です。

住まわれる方も、施工する方も安全・安心であって欲しい。
そんな強い思いで作られたものだからこそ
誕生から30年以上たっても断熱材のトップランナーであり続けられるのだと思います。

タカスギでした
スポンサーサイト



自然の色はすごいパワー
暑い日が続いて涼しげな飲み物を思い浮かべるうちに
昔どこかで、飲んだ赤ちそジュースを思い出しました。
とても綺麗で目に焼き付いたあの色。
意外に簡単にできました。
DSC_0123 400
レシピ通りのちその量が足りず我流でしたが
15分間ちそを煮出して、こして、砂糖を入れて
粗熱が取れたら炭酸を入れたら
びっくり!
色鮮やかに変身しました。
ショッキングピンク!
氷で割って、頂きました。
元気の出る色です。
涼しげです。
DSC_0136 400
梅雨明けした途端、暑さがましております。

貯まりすぎて捨てようかと思っていた
保冷剤で涼しげな芳香剤作ってみました。

保冷剤に少量の絵具を入れ
混ぜていくうちに
見た目が、とても涼しげで
美味しそう!になります。

好きな香りを数滴入れてまぜます。
家にあったラベンダーオイルと
ミント(ハッカ油)を入れて
リビングはラベンダー
トイレはミントにして置いてみました。

小物を中に入れて出来上がり。
とても簡単にできて
市販の芳香剤と違い
自分の思い通りの香りに出来ますし
作ってる時のわくわく感いいですよ。

DSC_0144 400

絵具は乾燥して固まっていても大丈夫でした。
楽しくて次々出来上がりました。



高気密高断熱住宅は蟻の子一匹入らない?
前回記事の続きですが、ハッカ油を使い始めた理由は
家に出る虫がきっかけでした。

高気密高断熱住宅だから、蟻の子一匹入らない

って最近までは思ってました。

住み始めて4年経ち、
今年初めてちっちゃ~い蟻が
家の中に数匹出ました。
ありんこ

ただの蟻だからたいした害はないのですが
「えっ、なんで?どうして?気密の良い家なのにどこから?」
と何となく気持ち悪くて動揺(;д;)

離乳食の食べこぼしなど蟻が入りたくなる環境の現在のわが家
虫よけにもなるハッカ油で
とりあえず床を拭いてできるだけきれいにするとしばらくは来ないんですが
数週間経って、気を抜くとまた数匹歩いてました。

侵入経路をネットで調べてみると
どうやらエアコンの排水ドレンから
虫たちはやってくるらしいのです。
エアコン害虫対策

SNS情報でこのドレンの先に
キッチンのごみ用ネットを取り付けると
小さな蟻も入れないと知って、
早速ごみ用ネットと結束バンドで対策したところ
家の中で蟻を見ることもなくなりました。

ついでにアリの巣コロリも。

子供頃に住んでいた古い家は
柱と床の隙間からよく蟻が侵入していたものですが、
現在の気密の良い家でも侵入経路はあることを知りました。

今日のまとめ
■高気密高断熱住宅にも虫の侵入経路は存在します
■侵入経路(主にエアコンのドレンやキッチンの換気扇)を対策することは可能です

ちなみにこの侵入経路からは
あの害虫代表Gさまも入ってくるらしいのですが
弊社のFPの家にお住まいの方はご安心ください。

ある理由から弊社のFPの家には
Gさまが入ってきたくない理由があります。

詳細は過去ブログで ←ポチッとしてくださいね

おばあちゃんが漬けていた梅ジュースに
よく蟻が行列つくっていたことを思い出した
タカスギでした

次回は暑い夏でも
光熱費を抑えながら快適に過ごすコツをご紹介予定です
プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク