FC2ブログ
<<12  2020,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
中途半端な高気密高断熱はこわい?
先週末は構造見学会
大寒波の中でしたが、来てくださったお客様には
本当に感謝です

吹きっさらしの現場で寒いかなと思っていましたが、
朝から灯油ストーブを2台たいていたら、
室内は17℃くらいまであがり、あったかかったです

ところで施工中の現場なので
まだ天井の断熱材と24h換気設備は施工されていません

なので1階で暖房をたいていても
天井からの冷えと空気の循環がないため、
2階まではなかなか暖まりません

そして換気がされないため、2階の窓はこの状態
結露する条件
結露です

1階で暖められ湿気を含んだ空気
2階の窓で冷やされて水滴となったのです
ちょうど夏場の麦茶のコップのように

樹脂サッシのペアガラスでも
条件がそろうと結露するという現象を
初めて生で見ました

高気密高断熱で大切なのは
◆断熱・気密をきちんとして、部屋間で温度差をつくらない
◆湿気を含んだ空気をしっかり換気で排出

※灯油、ガスストーブなどの水蒸気をたくさん出す暖房は不向き

「家は高気密高断熱と聞いてたのに結露する」
そんな方は、
 ・使っていない部屋の扉を閉じっぱなしにしてないか
 ・換気はトイレ・浴室等だけの局所換気ではないか
 ・暖房機、大人数で鍋など水蒸気のいっぱいでる生活スタイルか
チェックしてみてください

特に換気設備が計画換気でないような、
中途半端な高気密高断熱は、
建物にも住まう人にも悪い環境を作ります

家に快適な暮らしを求めるなら、
断熱 + 気密 + 計画換気
の三位一体が重要です

計画換気の大切さを実感した
タカスギでした
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク