FC2ブログ
<<12  2020,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
高気密高断熱の家でも、冬暖かくないのはナゼ?
※写真はイメージです。暖炉をお勧めする内容ではありません
暖房の仕方_高気密高断熱
そろそろ寒い冬の季節が近づいてきますね

ところでたまに
「高気密・高断熱の家なのに、たいして暖かくない」
というお声を耳にすることがあります

この一文だけでは、誤解を招きそうなので
ズバリ言います!その理由

暖房不足です

高気密・高断熱住宅を建てると
「あったかい家なんでしょう」と暖房を控えめにされる方がいるのですが
そもそも熱源が無ければ、どんなに高性能な家でも寒いです

また使っていない部屋の扉を締め切って、
部屋間で温度差ができてしまうと温度差不快感を引き起こします

心地良い暖かさ、なおかつ省エネ、節電を期待するなら、

1:恐れずに暖房をつけっぱなしにしてください
設定温度は、18℃~23℃を推奨

2:部屋や収納の扉は可能な限り開けっ放しで
いわば、全館冷暖房状態がベストと言えます

夏のエアコン検証でも証明しましたが、暖房も同様で、
付けたり消したりして、部屋の温度が上がり下がりしていると
熱エネルギーのロスが出て、かえって不経済なんです

「使ってない部屋まで、空調をするのはもったいない」と
扉を締め切って温度差ができると
これも開け閉めした時に冷たい空気(夏場なら暑い空気)が吹込み
快適さを損なったり、最悪結露まで引き起こすことになります

とは言うものの、日本人って
エアコンをつけっぱなしにすることに
どうしても罪悪感を感じてしまいます

わたしもその一人でした
でも今年は違います!
寒くなったらつけっぱなしにしちゃおうと、今ワクワクしてます(笑)
今までなら「あ~、冬寒くてゆううつ~」とネガティブなのに
高気密・高断熱の家に住み始めて、冬が楽しみになるなんて!

ちなみに口で言っているだけではなく、
間欠空調と常時運転空調で室温や電気代がどう違うのか
目で見て分かりやすい実証データというバックボーンがあるから
声を大にして、つけっぱなしを推奨できるんです

ビジュアル的に分かりやすい資料がございます
見たい方はおっしゃってくださいね


蓄暖からエアコン暖房にシフトを検討中の
タカスギでした
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク