FC2ブログ
<<12  2020,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
壁下地の違いのお話 
金沢市高柳町_高気密高断熱_FPの家_下地

来月、内見会をする現場も
今はクロスも張り終わりあとは細かな器具付けを残すところです

写真はその現場の途中のもの

今日は、弊社の”見えない”こだわりをご紹介

それは 壁下地 について

通常クロス壁の下地と言えば、石膏ボードです
これ↓
金沢市高柳町_高気密高断熱_FPの家_石膏ボード

で、最近の住宅メーカー(特にローコスト)で多いのは
この石膏ボードを直接柱に留めていく方法です

柱に直接、石膏ボードを固定することの
最大のメリット
1.コスト削減になる点

では、デメリットはというと
1.音が響きやすいことと
2.クロスが割れやすいこと

柱に直接打つので、柱=木材の乾燥等による収縮で
経年でボードの継ぎ目が出やすく、
点検1年目でクロスの補修を余儀なくされることも多いです

特に階段室で1階~2階の間の壁は
2階床を支える梁がかかる部分で、クロスの割れが多いと聞きます

太い巾木みたいなものでクロスの割れが出にくくなるよう
対処する施工会社もあります


そんなデメリットを考慮して、
弊社では石膏ボードを張る前に柱に貫下地を施工します
(一番上の写真の状態)

メリットは、
1.音が響きにくい
2.クロスの割れが少ない
3.断熱パネルの入る壁でも、電気配線が可能


デメリットは、
1.手間とコスト
2.廊下や階段幅が、貫の厚み分、少し狭くなる



デメリットのコストについては、
後で補修費用がかからないことや、美観を損なわないことを考慮すれば
デメリットではないのかなとも思います

住んでいて一年くらいで、クロスの割れが目立って来たら
ガッカリしますものね

デメリットの廊下巾は、
間取りでできるだけ細長い廊下(3尺巾)を作らないようにすれば
使い勝手アップにもつながります
(設計力でフォロー?と自画自賛)

と言う訳で、
どちらが良い悪いという話ではないですが、
ポリシーを持ってやってる部分をご紹介しました

11月の完成内見会、御施主様の思いがたくさん詰まっていますので
ぜひご覧ください
←詳細はここをポチっとしてくださいませ

タカスギでした
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク