FC2ブログ
<<12  2020,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
快適さと家計負担のハザマで
※本日は『暖房機はエアコンか蓄暖か』という他愛ない戯れ言です
 興味の無い方はスルーしてくださいませ

先週末、1月分の電気代請求が来てたのでご報告

とても寒かった今年の1月の電気代ですが
請求額19,190円程
消費量合計1,945kWh程度

 この内、深夜電力が1,500kWh程度 (給湯と蓄熱暖房機の分)


例年、12月か1月が電気代のピークなので
たぶん今年も年間最高電気代は2万円切り達成の予定

もちろん石油ストーブ等はないので、灯油代は無し
あと光熱費と言えば水道代だけです



以前、11月にエアコン暖房(つけっぱなし)で
電気代が前年より上がった話を書きました

前年は11月半ばくらいから蓄熱暖房機をつけて、エアコンはあまり使用せず

今年は11月は最後まで蓄熱暖房機はつけずに、エアコンのみで暖房

結果11月の電気代は確かに前年より1000円弱高くなりました

わが家は太陽光発電をつけているので、
そのモニターで主人が日々の消費電力もチェックしながら
「エアコンの消費電力、(去年と比べて)ヤバいって!」と青ざめる11月の日々
結局12月からは蓄熱暖房機をつけました

でもあれから2か月、
12月、1月の電気代請求書を見ていると
不思議なことが

電気代請求書では、消費電力量が11月の3倍以上なのに
太陽光モニターでは消費量が11月より低い

わたしは薄々気づいていましたが
蓄熱暖房機はブレーカーが別系統になっているので
蓄暖の消費電力は太陽光のモニターには反映されないのです

そりゃモニター見て去年と比べてたら、青ざめるわ!

11月の電気代が前年より高かったのは、
やっぱり外気温が前年より今年の方が寒かったせい?

わたしとしては、蓄熱暖房機の夜間消費の大きさが
やっぱり気になって、もっと家計も削減したくて・・・

主人に「やっぱりエコなのは、エアコンなんじゃない?」と言ったところ
「でも蓄暖の気持ち良い暖かさの方が好きだ」と断言され、
もう何も言えません
確かにね
蓄暖で暖めたババシャツに着替えるとき、
何とも言えず幸せな気分になります


でも、でも!!
年間通して、冬場の光熱費も
比較的抑えられてるとはいえショックを受けるのが
再エネ賦課金の金額
今年の1月でいよいよ4,500円ほどになりました

賦課金が占める割合(2.4割)、高っっ!!

たびたび書いてますが、この賦課金単価は
2030年ごろをめどにまだまだ上昇していきます
賦課金だけでピークの時には
7,000~10,000円も払う日が来るかもです

賦課金ヤダ~、もっと消費電力落としたい

灯油代だけで、月3万円なんてご家庭から見たら
ぜいたくな悩みなんでしょうけど
まだまだ費用対効果の良い暖房が無いか
心揺らぐ今日この頃です

せっかく設置したから蓄熱暖房機、
まだ使用するけどさ

床暖房にしなくて本当に良かったです
高い投資して設置しても、
やっぱり月3万もの光熱費負担が辛くて
使用しなくなる人が多いようです

タカスギでした
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク