FC2ブログ
<<12  2020,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
今年度の補助金事業 もうすぐスタートします
家を新築、建売購入する際に

使える補助金があれば利用したいですか?

もしYESの方には耳より情報です

平成29年度のZEH(ゼッチ)支援事業の公募が
もうすぐ始まります


【今年度の概要】
■補助額:上限75万円
■公募期間:(第1次)5月15日~6月2日
      (第2次)6月下旬~7月上旬予定
      (第3次)7月下旬~8月下旬予定
      以下、予算・公募状況により4次公募、5次公募有り


「ん?ZEH(ゼッチ)って何?」という方向けに概略です
ZEHとは

【高気密・高断熱の省エネ住宅】

 +【太陽光発電等の創エネルギー】

   ⇒【年間の住宅消費エネルギーを概ねゼロ】
とする家がZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)です


弊社の場合、どんな住宅になるかと言うと

■弊社標準の住宅仕様:FPの家 Ua値0.46程度

■高性能エアコン4kW程度+2.5kW程度 ※建物規模による

■太陽光発電 5kW程度設置 ※HEMS設置必須


サラッと書いてますが
Ua値0.46の高気密・高断熱住宅は
家中どこでも、冬暖かく夏涼しく快適に過ごせます

本当に温度のバリアフリー住宅で
冬の朝、布団からでるのも苦痛じゃないし
室内で洗濯物はよく乾くし、
トイレ・洗面脱衣室で服を脱ぐのも楽勝です

そんな快適な暮らしができる家に
高性能冷暖房と太陽光発電を設置すると
電気代がかからない、
売電で当初10年はむしろ家計にプラスとなるんです

ネックとしては、
省エネルギーへのしばりがあるので、
「今、貸家等で使用しているエアコンを移設したい」
といった要望には応えられないかもしれない点

高性能エアコンと太陽光発電設備への投資が必要

の2点です

でも、他社で建てると設備投資プラス
建物の高断熱化コストがかかるので
さらに建物コストはアップします

弊社では、標準仕様で
高気密・高断熱住宅を建てているので
そこにZEH対応の設備を設置するだけです

その投資を200万ほど全額自己負担ではなく、
補助金を活用して120万ほどの負担で
快適で安心な家が建てられるなら
良い投資じゃないかと考えています

家を建てるときに
「広い家が良い」
「デザインにこだわりたい」ももちろん大事
ですが

「広さ」はコストバランスと間取りで使い勝手を工夫する
「デザイン」はお金をかけなくてもできる

その上で、快適・安心に過ごせて
ローン返済と光熱費・家計バランスが良い暮らしをしたい方は
是非ZEHを検討されてはいかがでしょうか

永く暮らす家の事だからこそ
目先の100万、200万の値引き(差額)で家を建てるのではなく
20年、30年後に投資分が戻ってくる家を
建てた方が老後まで安心して暮らせます


住宅ローン控除と売電収入で
無理なくコツコツ貯蓄派の
タカスギでした
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク