FC2ブログ
<<12  2020,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
暑い夏を快適に過ごすには
今年も暑いですね!

ここ数年、この時期になると
テレビでもネットニュースでも話題にあがる
「エアコンはつけっなしがお得か」議論

メディアで取り上げられるのは
使い方やエアコンの性能に関してだけですが
建物の性能のことは触れられていないのが不思議です

昔ながらの隙間風スースーの家と
堅牢な造りの高気密高断熱住宅で
同じなわけがないと思うのですが

風通しの良いのが前提の家と
気密を上げて状態をキープするのが得意な家では
空調に対する考え方を変えた方が良いですよね


個人的には
一昨年、昨年で比較検証した結果
高気密高断熱住宅においては
つけっぱなしが断然省エネだった上に快適でした

快適・省エネに空調するコツは
1.不在時の設定温度は29℃でつっけぱなし

2.除湿をうまく使う

わたしの家では、昨年までは
大人2名。幼児1名で生活していて
在宅時でも冷房28℃で十分快適な涼しさでした

今年は、私事ですが出産し
7月から代謝の良い新生児と、実家の母が手伝いに来てくれて
計5名の生活になったところ
夕飯時に勢ぞろいすると冷房27℃でも
「なんか蒸すね~」といった感じで過ごしてました

「除湿は冷房より電気使用量が多い」と思いつつ
除湿に切り替えると、すぐに快適な空間になりました

同じ空間でも
居住人数や条件が変われば、体感温度が変わることと
除湿があなどれないがことが新発見でした

ちなみに昼間の情報番組で知ったのですが
2011年以降のエアコンでは
除湿は冷房より省エネなんだそう
(除湿後に空気を再加熱しなくなったんだそうです)

そんな訳で、今後は心おきなく除湿機能も活用します(笑)

ちなみに除湿で自動運転し続けると
室温が下がりすぎて寒かったので
適宜、冷房自動運転と除湿を切り替えてます

最新の上位モデルのエアコンは
冷房しながら必要なときに除湿も自動でしてくれます!!

昨年とは、家族構成、生活形態(昼間在宅)が違うので
省エネかどうか比較検証ができないのが残念ですが
高気密高断熱住宅が暑さ知らずで快適なのは保証します


7月の電気代は6,000円を切った
タカスギでした
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク