FC2ブログ
<<12  2020,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
気密性能にも経年劣化があるんです
さて、前回のブログで
『FPの家』は気密測定を建物完成時に実施すると書きましたが
その理由は2つあります

ひとつは、
「お客様にとって完成時の気密性の方が意味があるから」
です

これは、換気扇やエアコンの配管、給排水配管、電気配線などの
暮らすために絶対必要な設備がついた状態での測定値が
実際に住まわれている状態と同じということで
お分かりいただけるかと思います

もうひとつの理由は、
「FPの家が気密性能の経年劣化も考えているから」
です

グラスウールが水分を吸ってへたったり、カビが生えたり、
現場発泡断熱材が経年劣化で割れが生じたりと、
断熱材が劣化することをご存知の方は多いかと思いますが、
気密性能も劣化することをご存知の方は少ないんじゃないでしょうか?

気密性能が悪くなる理由として、
・断熱材の劣化部分(割れ・やせ)が隙間となる
・気密シートが劣化
・躯体の木がやせて隙間ができる    等が考えられます

高気密・高断熱住宅は、
断熱・気密・換気の3つがそろってこそ快適に住めるので、
気密が悪くなってしまうと快適性が損なわれるんです

だからこそ『FPの家』では、
この気密の経年劣化をみるために
完成建物のその後も気密測定をして経過の情報を集めているんです
(全物件ではなく、了承してくださるお客様のお宅で検証中)

結果は建物によってまちまちですが、
C値(5年経過):0.19 → 0.38
          0.54 → 0.72  という感じです

これFPパネルだからこそ、この程度ですんでいるんです

FPパネルは工場生産で高い圧力をかけて発泡させるので
現場発泡の断熱材とは密度が断然違います

そのおかげで経年劣化も少なく、
実際に20年経過したモデルハウスのFPパネルで
劣化や形状変化(やせ具合)を計測しても
ほぼ新築時と状態は変わっていないという事実もわかっています

一般的な
グラスウール系断熱材+気密シートや
現場発泡断熱材で断熱・気密をとっている住宅では
気密性能の経年劣化はもっと大きくなると考えられます
(完成時に0.2あったC値が0.8まで悪くなった実例も聞いています)

プラスチック系の素材って年月が経つと
パリパリ、ボロボロもろくなるので、
それが壁の中でも起こっているということです

でも建物完成時に気密測定をしない建築会社でも
劣化まで見込んで躯体完了時の数値を追及しているなら良いですね

長くなりましたが、結局
FPの家ってすごいんですよということが言いたかったんです(^-^)


今回の気密の話もこの本に詳しく書かれています
実測値、実例、事実が書かれているので、
高気密・高断熱マニアの方は楽しく読んでいただけると思います
からだにいい家の作り方
「結局告知か~い」ってツッコミが聞こえそうですが、
読んでみてお伝えしたかったことなので書かせていただきました

タカスギでした
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク