FC2ブログ
<<12  2020,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
『換気計画』と『高気密』
先日うれしいことがありました

家の完成内見会に来てくれた後輩から
こんなメールをいただきました

「旦那は、先輩の家は今までの家とは空気が違う!と言っていました

そうかな~(嬉)

でもそう感じてもらえたことには
家の構造、性能にちゃんと裏付けがあります


それが「計画換気」「気密性能」

「計画換気」
  居室の壁の換気口から給気し、トイレやお風呂、脱衣室、収納などから排気
  ダーティゾーンの汚染空気を部屋へ流しません
  外部の新鮮空気をフィルターごしに取り入れるので部屋の空気は常に新鮮
  (目安で2時間に1回、家の空気全部が入れ替わります)
  ちなみにフィルターで花粉やPM2.5も部屋に入れません

「気密性能」
  上の計画換気を支えるのが気密性能
  気密がきちんとしているからこそ計画通りの空気の流れを作れます
  気密の取れていない住宅では、計画通りの空気の流れにならず
  トイレの臭いが部屋へ流れてくることもありえます

『FP工法』で建てた家は建物完成後に全棟、気密測定を行います
これは机上の計算とは違い、実際の性能を機械で測ります

計画換気がきちんと実現する目安の気密測定値
相当隙間面積 C値1㎠/㎡未満
そしてFPの家の実測C値の平均は 0.45㎠/㎡

ちなみ「空気が違う」と言われた住宅は
C値0.39㎠/㎡

部屋の空気がなんとなく澄んでいるのは
この数値が実証しているとも言えますね


長々説明するのは苦手ですが
感じてもらえたことがなにより嬉しい
タカスギでした
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

(株)堀本工務店

Author:(株)堀本工務店
石川県金沢市で50年。
お客様のこだわりを大切に、自分らしい家づくりを実現いたします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク